台所の水道管や排水口が凍結した時の対処方法

本日は「台所の水道管や排水口が凍結した時の対処方法」について解説をしていきたいと思いますので、どうかお付き合いください。

台所は料理や皿洗い等をする時には必ず使う箇所です。よって水を連日のように使用することが多い場所になります。しかしながら、真冬の寒い季節となりますと、給水管・排水口が凍結トラブルを引き起こしてしまう場合がかなりあります。

外の気温が氷点下4℃以下になってしまいますと、凍結トラブルの可能性がぐんと上がってしまいます。したがって事前に凍結対策をしておくことが非常に大切になってきます。

台所で給水管・排水口が凍結トラブルを起こしてしまった場合、どのような凍結対策を施せばいいのでしょうか。

台所

給水管から水が使用できないと日常生活に支障を来してしまう

台所の給水管が凍結トラブルを起こしてしまうと、水が1ミリも出なくなってしまいます。したがって料理もできないですし皿洗い等もできなくなってしまいます。

こうなってきますと不衛生になってしまいます。

そして、台所が凍結トラブルを起こしてしまうと、同じく洗面所・トイレも水が出なくなってしまうことがあるのです。このように水が使用できなくなってしまうと、日常生活に非常に支障を来してしまいます。

不衛生にもなり、ストレスも溜まってしまいます。

もっと怖いのは給水管が凍結トラブルを起こしてしまい、給水管が破裂してしまうことです。水という液体は、個体に変化すると体積が増えてしまうという性質を持っております。よって、凍結トラブルを起こしてしまうと給水管の中で水が膨張してしまい、最後には破裂を引き起こしてしまうのです。

給水管が破裂してしまいますと、もちろんですが水も使えないですし、修理費用も莫大にかかってしまいます。給水管が凍結トラブルを起こさないように、事前に凍結対策を施しておくことが非常に重要になってきます。

給水管が破裂してしまった場合は、止水栓を締めて下さい!1にも2にも、止水栓を締めてください。止水栓を締めないと、被害が拡大してしまう可能性があります。

その後は、水道職人等の水道修理業者へ連絡をして、修理を依頼するようにしてください。

凍結トラブル対策

上記で説明しましたように給水管が破裂してしまうと、復旧するまでに時間を要してしまいます。その期間中は、もちろんですが水は使用できません。よって、事前に凍結トラブル対策が非常に大切なのです。

基本的な凍結トラブル対策は2種類があります。ではどのような凍結トラブル対策なのか確認して、参考にしてみてください。

  • 水抜きしてみる

給水管が凍結トラブルを起こしてしまう原因としては、外気温の影響によるものです。よって水が給水管の中にあることで凍結してしまうのです。

凍結を防ぐのには、給水管から水抜きをしてみることが有効です。

水抜きの方法は、元栓を締めた後に全ての蛇口を開けば、給水管の中に残っている水を抜くことができます。

夕方や夜になってきますと気温は急に低くなりますので、夕方になる前に水抜きをしておくことで、給水管が凍結しているという状況は防ぐことが可能なのです。

  • 水を流し続けたままにしてみる

どんなに寒い季節や土地でも、川というものは殆ど凍結することはありませんよね。その理屈と同じで動きのある水は凍結することなく液体の状態のままにすることができるのです。

よってご自宅でも少量の水を常に流し続けたままにしていれば、給水管の中で水が凍結することを防ぐことができるのです。

しかしながら、注意点としては水道代はかかってしまいますので、水道代が気になる方は、水抜きをおすすめ致します。

水道管が凍結してしまった場合の対処方法

凍結トラブル対策を万全に施していても給水管の中で水が凍結してしまう場合もあります。このような場合は、タオルを給水管に巻き付けてみてください。

タオルを巻き付けてからぬるま湯をかけることで、凍った水が解凍されていき溶けるのです。

他の対処方法としては、ドライヤーの熱風を当てることで水道管を凍結トラブルから解消させることが可能です。しかしながら、対処方法をやってみても外の気温があまりにも低い場合ですと、効果がない場合もあります。

このような場合は、水道修理業者へ依頼して凍結トラブルを解消してもらってください。

水道管が凍結トラブルを起こしてしまった場合は、対応に注意してほしい部分があります。それは無理して蛇口を開こうとすることです。(これだけは本当に注意してください!)

蛇口を無理に開けてしまいますと、内側のパーツのパッキンが破損してしまい水漏れトラブルに繋がってしまう場合があるのです。

蛇口が固い時は、自然解凍を待ってみましょう。

もうひとつの注意点があります。それは熱湯をかけることです。水道管に熱湯をかけてしまうと、水道管が急激な温度の変化についていけずに、破損・破裂をしてしまうことがあります。

凍結トラブルを起こしている水道管へかける場合は、必ずタオルを巻き付けてから適温のぬるま湯で凍結トラブルを解消するようにしてみてください。

凍結トラブル対処方法の効果がない時は業者へ依頼

台所の給水管や排水口が凍ってしまうと、中の水が解凍してくれない限り、生活用水を利用することは不可能です。給水管が凍結トラブルを起こさないように事前の対策が非常に大切です。

対策方法としては、水抜き・常に水を流し続けるようにする等の対策方法があります。注意点としては、水を流し続ける場合には、水道代が高くなることだけは念頭に入れておいてください。

水道代が気になる方は、水抜きをしてください。

上記のように対策をしたものの凍結トラブルを引き起こしてしまった場合は、自然解凍を待ってみるか、給水管をタオルやぬるま湯を使い時間をかけて解凍して凍結を解消させることが大切です。

注意点としては、熱湯はご法度ということです。熱湯をかけてしまいますと、給水管の破損・破裂を招きますので注意してください。

色々と対策をしてみても、給水管が凍結トラブルを起こしてしまう場合は、水道修理業者へ連絡をしてご相談・ご依頼ください。

プロの的確な判断と確かな知識・技術があれば、ベストな方法によって給水管の凍結トラブルを解消してくれます。

よっていつも通りの生活ができるようになるのです。

ご自分で凍結トラブルを解消する方法もありますが、不適切な対処方法をしてしまいますと破損・破裂・果ては二次被害の可能背もあり、費用が大きくかかるということになります。

水道職人は、給水管・排水管等の凍結の取り扱いもあります。水に関するトラブルでお困りの方は、お気軽にご連絡ください。

ご連絡お待ちしております!きっとお力になれると思います。