厄介なスカム詰りを解決

那須塩原市の一戸建てにお住いのお客様から、台所排水の詰まりの修理の依頼がありました。台所の排水が流れにくくなっていることに気づいたのは1ヶ月以上前のことだったそうです。最初は、単なる野菜クズや料理の残りカスなどが排水口のところに引っかかっているのだろうと軽く考えていて、ホームセンターで購入してきた詰まり解消のための液体クリーナーを流して様子を見ていたそうです。

ですが1回では、ほとんど排水の詰まりは改善せず、数回にわたって繰り返しクリーナーを流していると少しだけ水の流れが良くなったのでそのまま使用していたようです。ですが、結果的にはお客様がご自身で対応された方法では、詰まりはしっかり取り除くことができず結局、つまりは悪化して水がシンクに大量に溜まってしまうという重度の詰まりの様相を呈してしまいました。最優先でいそぎ対応をさせていただくこととなり那須塩原市内にあるお宅へ駆けつけました。

ご自宅のキッチンは1階で、かなり広くて明るい素敵な設計で使い勝手も良さそうなシステムキッチンでした。8年ほど前に一度リフォームをされたそうでモダンなデザインでなかなか洗練されていました。さて台所のシンクですが排水が10センチほどの高さまで上昇しており、詰まりの酷さが一見してわかりました。まずは水を抜いてから、早速排水の点検を行いました。

シンク下の排水管を取り外して内部を確認してみると、かなり油脂のこびりつきが認められました。日々台所で料理をされており、調理器具や皿を洗う際には、油汚れがどうしても排水と一緒に流れていくため、時間をかけてゆっくりと油脂が塊となって詰まりを作ってしまうのです。今回の症状もよくあるケースと同じようにかなりの油汚れが内部に付着していたので、ワイヤー器具を使用しながら、固くなっている油脂の詰まりを削り落としていきました。

丁寧に時間をかけながらゆっくりと詰まりを取り除く作業を行いましたので、作業が終わる頃にはすっかり綺麗になり、再び水を流すと非常にスムーズに流れていくのが確認できました。あれだけの汚れを今回の修理作業によってほぼ完全に除去することができ、詰まりの問題は無くなりました。お客様にもとても感謝していただけたことで、こちらもほっとしました。